東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

国学院栃木の選手ら「選抜」での健闘誓う 福田知事を訪問

福田知事と、笑顔で握手する大久保主将(左から2人目)ら国学院栃木の選手=宇都宮市で

写真

 選抜高校野球大会に出場する国学院栃木の選手らが十九日、県庁を訪れ、福田富一知事に健闘を誓った。同校は十八年ぶり四回目の出場となる。

 選手は三人が訪問し、大久保謙亮(けんすけ)主将(17)は「栃木県代表として、県民の期待に応えられるよう、しっかりと全力でプレーしたい。応援よろしくお願いします」と力強くあいさつ。同席した柄目(つかのめ)直人監督(35)も「県民の皆さんと一緒に戦いたい」と語った。

 これに対し福田知事は「県民が期待している。思う存分プレーして、大活躍してください」とエールを送った。大会は、三月十六日に組み合わせ抽選会があり、二十三日に甲子園球場で開幕する。 (北浜修)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報