東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

「Fine Day!」発車メロディーに 4月開業の「あしかがフラワーパーク駅」

古沢巌さん(足利市提供)

写真

 足利市は、4月1日に開業するJR両毛線「あしかがフラワーパーク駅」の発車メロディーが、バイオリニスト古沢巌さんが演奏する「Fine Day!」に決まったと発表した。

 古沢さんは、市の魅力をPRする「あしかが輝き大使」の1人。市内の「ココ・ファーム・ワイナリー」の取締役で、毎年秋にワイナリーで開かれる収穫祭で演奏を披露している。「Fine Day!」は、かつてテレビ朝日の朝のニュース情報番組「やじうまプラス」のテーマソングとして使われていた。

 和泉聡市長は「おもてなしの心で迎えるのにふさわしいメロディー」と説明。市がJR東日本に提案し、快諾を得た。上り線と下り線の2パターンあり、各約15秒。4月1日の午前9時25分同駅発高崎行きから流れる。

 市内では、2015年7月からJR両毛線足利駅の発車時と、東武伊勢崎線足利市駅の電車接近時に、森高千里さんの「渡良瀬橋」のメロディーが流れ、親しまれている。 (吉岡潤)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報