東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

トッチーとU字工事が「未来大使」にインタビュー 知られ猿とちぎ愛

 県は、インスタグラムを使いこなすサルの「トッチー」と漫才コンビのU字工事が、「とちぎ未来大使」の三人に県の魅力を聞く動画「知られ猿(ざる)とちぎ愛」を公開した。トッチーが登場する県のPR動画の第二弾。いずれも県出身の出演者たちが、それぞれの「地元愛」を披露している。(北浜修)

 トッチーは日光生まれの雌で、県内をインスタグラムで紹介する「県公式インスタグラマー」という設定。今回の動画は、そのトッチーがインタビュアーとなり、U字工事の益子卓郎さんが日本語への通訳、福田薫さんが司会を担う。

 未来大使は、お笑い芸人つぶやきシローさん、書道家涼風花(りょうふうか)さん、フリークライマー楢崎智亜(ともあ)さんが一人ずつ出演。トッチーのインタビューに対して、地元出身者の視点から、おすすめのスポットや食べ物など知られざる県内の魅力を語っている。「栃木なまり」で人気のU字工事との掛け合いも楽しめる。

 涼さんは「知られざるツウな食べ物」として、日光の天然の氷で作ったかき氷を紹介。「ふわふわで、イチゴの果肉がたくさんのシロップのかき氷がおいしい」と笑顔で語っている。

 三本の動画の長さは四〜六分台。県のとちぎブランド公式サイト「ベリーグッドローカル とちぎ」で見られる。

 U字工事の福田さんは「皆さん自分が気に入っている場所や食べ物などを、ピンポイントで教えてくれて興味深かったです。トッチーの女子目線にも注目です」と動画をアピールしている。

 トッチーが登場する動画としては、昨年十二月から公開中の「知られ猿(ざる)とちぎ旅」(日帰り女子旅編など計三本)に続くものとなる。

 県は「前回は主に二十〜三十代の女性向けだったが、今回は幅広い世代に見ていただける構成。未来大使が直接語ることで、とちぎブランドを全国に発信できれば」(総合政策課)と期待している。

◆一緒に盛り上げよう いばらき大使「カミナリ」もエール

 茨城県は、茨城弁全開の「どつき漫才」でブレークしたお笑いコンビ「カミナリ」の石田たくみさんと竹内まなぶさんに、同県のPRに協力してもらう「いばらき大使」を委嘱した。

 同県庁を訪れた2人は「ピカッと光りゴロゴロある魅力を発信したい」と語った。また、同じ「方言漫才」で人気となり、「とちぎ未来大使」を務めるコンビ「U字工事」にも言及。「仲良くしていただいているが、ライバルとして演出してもらえれば、そういう風にも対応できる」と笑わせ、一緒に北関東を盛り上げていく考えも明かした。

 カミナリの2人は、同県鉾田市(旧旭村)出身の幼なじみ。(越田普之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報