東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

「創造都市・宇都宮」へ 市内5大学と産官連携 新組織発足

 宇都宮市の文化芸術の発展や魅力あるまちづくりを目指し、市内の五大学を中心に産学官が連携して地域づくりを行う新組織「宇都宮市創造都市研究センター」が誕生した。構成する自治体や企業とともに地域活性化の研究を重ねながら、人材育成に取り組む。

 五大学は宇都宮大、宇都宮共和大、文星芸術大、作新学院大、帝京大宇都宮キャンパス。市や宇都宮商工会議所なども合わせて十一団体が参加し、運営協議会を通じて具体的な「創造都市・宇都宮」の振興策を話し合う。

 具体的には従来の大学間や産学官の連携に加え、幅広い視点からの創造都市づくりや生涯学習の推進策などを検討。例えば大谷石を活用したアートギャラリーやライブハウスを造って芸術家や若者を市内に呼び込むことを想定する。

 一月にはセンター主催で初めてのシンポジウムを開催。約二百人が参加した。二月には五大学の教職員研修も行われており、センターを中心に連携が進み出しているという。

 センター事務局は「芸術家やアーティストにどんどん住んでもらえるような文化の薫るまちづくりを進めたい」と説明している。 (藤原哲也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報