東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

足利の産廃処分場計画 3自治会が反対陳情書を市長に提出

陳情書を和泉市長(右端)に読み上げる萩原会長(右から2人目)と金井会長(同3人目)、柏瀬会長=足利市で

写真

 足利市小俣町でさいたま市の廃棄物処理業者が進めている大規模な産業廃棄物最終処分場の建設計画を巡り、建設予定地周辺の自治会長三人が二十七日、県知事が許可しないように働き掛けることを求める陳情書と住民の反対署名を和泉聡市長に手渡した。

 市役所を訪れたのは、小俣城山町自治会の萩原晴夫さん(65)、粟谷(あわのや)町自治会の金井俊雄さん(77)、葉鹿町彦谷自治会の柏瀬正雄さん(72)。萩原さんは「自然環境や生活環境が壊されることは看過できない」と訴えた。三自治会で計五百二十五世帯のうち五百六世帯から反対署名が集まったという。

 和泉市長は「この大規模な産廃処分場は民間業者が金もうけのために市とは関係ないゴミを受け入れようとしている。断固として反対していく」と応じた。 (吉岡潤)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報