東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

「財務省対応 納得できず」 森友文書改ざんで市民団体街頭抗議

森友学園をめぐる文書改ざんで、抗議の声を上げる人たち=宇都宮市で

写真

 森友学園への国有地売却をめぐる決裁文書の改ざん問題で、県内の市民グループ「憲法を守り・いかす共同センターとちぎ」のメンバーら約十人が十四日、宇都宮市本町の交差点近くで、安倍政権への抗議の声を上げた。

 メンバーらはマイクを手に「財務省の対応に国民は納得できない」などと、通行人らに訴えた。

 共同代表の一人、伊藤直子さん(66)は「安倍政権は国会と国民にウソをついていた。官僚が勝手に(文書を改ざん)するとは思えない。誰が考えてもおかしい。上からの圧力を感じていたのではないか」と安倍政権を批判し、全容解明のために「安倍首相夫人の昭恵さんと、(前国税庁長官の)佐川宣寿さんの証人喚問が必要だ」と話した。 (北浜修)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報