東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

外国人向け案内所新設・県立日光自然博物館 あす、リニューアルオープン

新設された外国人向けの「奥日光インフォメーションセンター」=日光市で

写真

 日光市中宮祠の県立日光自然博物館が、大幅にリニューアルされた。外国人向けの案内所を新設し、映像ホールを多言語で対応できるようにした。リニューアルオープンは四月一日。

 環境省が外国人の誘客を目指して掲げる「国立公園満喫プロジェクト」で、日光国立公園がモデル地区の一つに選定されたことから、外国人の受け入れ態勢の整備を進めた。

 観光名所の華厳の滝に隣接する博物館は一九九一年、ビジターセンターの役割を担って開館し、奥日光の自然や魅力などを中心に紹介してきた。

 新設した外国人向け案内所「奥日光インフォメーションセンター」では、英語対応が可能なスタッフが常駐する。グラフィックパネルで奥日光の主な観光スポットを紹介し、大型映像装置で天気予報、開花情報などをリアルタイムで表示する。

 奥日光の歴史や、四季折々の自然を紹介する映像ホール「四季彩ホール」は、新たに子供向けの映像を制作。また、言語傍聴システムにより、日本語、英語、中国語、韓国語、タイ語に対応する。

 このほか、昨年秋の実証実験で要望が多かったレンタサイクルを本格導入する。電動アシスト自転車十六台を配置し、一日千円、四時間五百円で貸し出す。(原田拓哉) 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報