東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

騒音気にせずバンド練習OK 鹿沼でスタジオ、きょうオープン

完成を祝うセレモニーで演奏する地元高校生のグループ。遮音効果で周囲を気にせずに練習できる=鹿沼市で(同市教委提供)

写真

 鹿沼市教育委員会は、同市坂田山の市民文化センター内に、アマチュア音楽バンドが騒音を気にせず練習できる音楽スタジオを整備した。四月一日にオープンする。

 宇都宮市や栃木市などに出掛けていた地元の若者バンドグループなどから、公共スタジオの設置を求める声が寄せられていた。

 音楽スタジオは、同センター二階の休日急患診療所跡地に整備した。周辺は住宅地が広がっているが、遮音効果があり、音が漏れることはほとんどないという。

 ドラムセット、ミキサー、スピーカー、キーボード、ギターアンプなどの音響機器が常設され、ギターは持ち込み。

 四、五人のグループの練習を想定しているが、十人程度までは可能という。

 愛称を公募した結果「いちごミュージックスタジオ」に決まった。市は二〇一六年十一月、「いちご市」を宣言している。

 利用時間は午前九時〜午後九時三十分。原則火曜が休館。料金は一時間当たり、市内在住者が三百円、市外は三百六十円。

 市教委生涯学習課担当者は「若い世代が集う場として整備したが、中高年のバンド愛好者も利用してほしい。音楽の輪が、ここを拠点に広がれば」と話す。

 予約や問い合わせは、同センター=電0289(65)5581=へ。 (原田拓哉)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報