東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

昭和ソングでよみがえる青春 足利で14日「同窓会コンサート」

ヒット曲を披露する山田パンダさん(右から3人目)=足利市で

写真

 西城秀樹さんら有名歌手が集い、一九七〇年代を中心とする昭和のヒット曲を歌う「同窓会コンサート」が十四日、足利市民会館で開かれる。元かぐや姫の山田パンダさん(72)が事前PRで足利市を訪れ、ミニライブで「神田川」や「ぼくの胸でおやすみ」などを披露。「忘れがちな青春時代を思い返し、わくわくする気持ちを取り戻すきっかけにしてほしい」と語った。

 出演予定者は、西城さんと山田さんのほか、あおい輝彦さん、小川知子さん、辺見マリさん、あべ静江さん、西口久美子さん、伊藤咲子さん、リリーズ。昼(開演午後二時)と夜(同六時)の二回行われる。

 主催するイベント企画会社「天姿(てんつう)」によると、同窓会コンサートは二〇〇三年に昭和の人気歌謡番組をコンサート化して始まり、全国各地で開かれてきた。

 より地方を活気づけようと、今回から新たに地元アーティストや子どもたちも出演する。衣替えの最初の開催地に、同社代表の津久井勝美さん(57)、エグゼクティブプロデューサーの重美さん(55)兄弟の出身地である足利を選んだ。

 スター歌手らに交じって登場するのは、市内のアマチュアグループ「ビキニナイターズ」。リーダーの小見伸一さん(63)は、昨年他界した津久井さんの兄・清美さんと小学校時代から親しく、清美さんのギターを抱えて舞台に立つという。「力みなく、楽しみたい」と話した。

 全席指定で前売り三千〜五千円。問い合わせは、足利市民会館=電0284(41)2121=へ。 (吉岡潤)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報