東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

ハンガリー水泳連盟、小山の県施設を視察 東京五輪キャンプ地候補で

担当者の説明を受けながらプールを見学する連盟幹部ら=小山市で

写真

 二〇二〇年東京五輪・パラリンピックの事前キャンプ地の選定を進めているハンガリー水泳連盟関係者が六日、小山市外城の県温水プール館と県南体育館を視察した。来訪したのは、同連盟のブラダール・シャンドール会長やショーシュ・チャバ競泳ヘッドコーチ、ビーロー・アッティラ女子水球ヘッドコーチら。

 県の担当者の説明を受けながら、プールやトレーニング施設を見学した。視察団を迎えた大久保寿夫市長は「リオ五輪金メダリストの萩野公介選手は本市の出身」と紹介した。

 連盟は国内の複数の地域を候補地として検討中。記者会見したブラダール会長は小山の施設について「必要なものはすべて整っている」と語った。宿泊施設なども考慮し、一カ月ほどで決定する予定という。

 同行した市の担当者は「プールに水球のコートもセットしてアピールした。ぜひ小山に来てほしい」と期待を込めた。市民らもハンガリーの小旗や横断幕で視察団を歓迎した。

 県は昨年、ハンガリーオリンピック委員会と覚書を締結し、各競技の事前キャンプを誘致している。(小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報