東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

日光市長選告示 新人4人の争い 定数4減の市議選も

 日光市長選と市議選(定数二四)が八日、告示された。市長選は、いずれも無所属新人で、元市議の大嶋一生さん(53)、薬剤師の長谷川敬さん(49)、元市議会議長の斎藤敏夫さん(67)、元副市長の阿部哲夫さん(68)=自民推薦=の四人が立候補を届け出た。現職で三期目の斎藤文夫さん(74)は引退する。

 定数が四減の二四で初めて行われる市議選は、現職二十一人、新人六人の計二十七人が立候補を届け出た。ともに投開票は十五日。 (北浜修)

◆益子町長選は現新一騎打ちか きょう告示

 益子町長選が十日、告示される。四選を目指す無所属現職の大塚朋之さん(52)=自民、公明推薦=と、無所属新人の長岡景介さん(52)の二人が事前審査を済ませており、選挙戦になる見通し。投開票は十五日。 (北浜修)

◆高根沢町議選 定数1減、きょう告示

 高根沢町議選(定数一六)が十日、告示される。定数は一減った。

 現職十四人、元職一人、新人二人の計十七人が事前審査を済ませており、選挙戦になる見通し。投開票は十五日。 (北浜修)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報