東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

東武ワールドスクウェア 開園25周年であす入園無料

 日光市鬼怒川温泉大原のテーマパーク「東武ワールドスクウェア」は、開園二十五周年を記念し、二十二日に全ての入園者の入園料を無料にする。

 これまでは開園記念日の二十四日に入園料を無料にしたり割引したりしていたが、二十五年の節目を迎える今年は、多くの人が来園しやすい日曜にずらした。

 ゆっくりと過ごしてもらえるように開園時間も一時間延長し、午前九時〜午後六時(入園は午後五時まで)とする。

 本来の入園料は中学生以上二千八百円、四歳から小学生が千四百円。

 児童福祉週間内の五月五〜七日は、四歳から小学生の入園料千四百円を無料にする。

 同園は世界遺産など国内外の有名な建築物の模型を二十五分の一の大きさで製作、展示している。四月二十一日からは、日本統治時代の台湾に航海設備を整えるために建設された八角形の「富貴角(ふきかく)灯台」(実物の高さ一四・三メートル)が加わる。午前十一時に台湾の関係者を招いて竣工(しゅんこう)式が開かれる。

 問い合わせは、東武ワールドスクウェア=電0288(77)1055=へ。 (高橋淳)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報