東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

いちご染め体験会 来月と6月に真岡で開催 参加者募集

 真岡市が大産地のイチゴを使った染め物の体験会が、五月と六月に開かれる。企画した同市の真岡木綿会館が参加者を募集している。

 県とJRグループが展開する「デスティネーションキャンペーン(DC)」の特別企画。白い絹のポケットチーフで「いちご染め」が簡単に体験できる。

 色持ちを良くするための酢とイチゴをミキサーに入れ、細かく砕く。ポケットチーフとともに袋に移し、約五分間もみ込んでから水洗いをして完成。落ち着いた色調のピンクに仕上がるという。

 色をしっかり定着させる下準備をしたポケットチーフを使うため、手順は短く、誰でもできる。

 イチゴは大きさや形を理由に出荷できない果実を使用。地元農家が提供する。

 体験会は五月五日、二十日、六月二日、十日の午前十時半から約三十分間。参加費一人千円。募集は各回十人。申し込みは前日まで受け付けるが、募集人数に達した時点で締め切る。

 申し込みや問い合わせは同館=電0285(83)2560=へ。 (高橋淳)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報