東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

県の魅力 漫画でPR 「未来大使」に一葵さやかさん

「ススメ!栃木部」の単行本を手にする一葵さやかさん=宇都宮市で

写真

 県は、日光市の漫画家、一葵(いつき)さやかさんに「とちぎ未来大使」を委嘱した。一葵さんは、コミックサイトで配信中の「ススメ!栃木部」などで知られる。作品は県の魅力度アップに奮闘する高校生らを描く。

 県庁でセレモニーがあり、一葵さんは「漫画やアニメの持つ力は大きい。栃木には美しい自然が近くにあり、食べ物もおいしく、見どころがいっぱいある。漫画で栃木をPRし、幅広い年代の方々に読んでいただければ」と意欲を見せた。

 委嘱状を手渡した福田富一知事は「栃木のいいところを世界に発信してください」とエールを送った。

 未来大使は県出身者や県にゆかりがあり、さまざまな分野で活躍する人に委嘱している。 (北浜修)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報