東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

「憲法の希望 実現するのは国民」 宇都宮 護憲派3団体が集会

講演を聴く参加者ら=宇都宮市で

写真

 憲法記念日の三日、「九条の会栃木」など県内の護憲派三団体が宇都宮市立南図書館で集会を開いた。安倍晋三首相が改憲への意欲を鮮明にする中、市民ら約四百五十人が医師や学者の講演を聴き、現憲法の尊さに思いを巡らせた。 (北浜修)

 生協ふたば診療所(宇都宮市)の医師、天谷(あまがい)静雄さん(66)が「医師の眼から見た日本国憲法」をテーマに講演。憲法の前文に「われらは、全世界の国民がひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有する」とあり、二十五条で「すべて国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と規定していることに触れた。

 天谷さんは「『全世界の国民』とあるところが優れている。(憲法が)戦争と貧困をなくし、健康と福祉の国づくりを訴えていることを確認したい」と呼びかけた。また、昨年自身が初めて沖縄を訪れ、平和祈念公園へ行ったことも紹介し「戦争は繰り返してはならない」と語った。

医師の立場から憲法について話す天谷さん=宇都宮市で

写真

 東大の広渡(ひろわたり)清吾名誉教授(ドイツ法)も「約束と希望としての日本国憲法」と題して講演し「立憲主義、民主主義、平和主義は三つ一緒に守るべき原理。憲法に託した希望を実現するのは自分たち、日本国民だ」と訴えた。

 安倍政権が改憲を推し進めようとしていることには、安全保障関連法などを挙げて「国家権力を強くし、個人の自由や人権を制約する」などと批判した。

◆改憲派も集い

 改憲に賛同する県民で組織する「美しい日本の憲法をつくる県民の会」は三日、宇都宮市の県護国会館で集いを開き、東京都内で同日開催された改憲派のフォーラムをインターネット中継した。約五十人が来場し、改憲の必要性をあらためて考えた。

 中継は改憲の機運を盛り上げようと、二年前に始めた。県民の会事務局長の稲寿(いなひさし)さん(61)は「自衛隊の明記は必要。これからも県民の理解を深める活動をしていく」と話した。 (高橋淳)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報