東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

マラソン先導車に電動バイク初導入 鹿沼、13日の大会で

写真

 鹿沼市は、十三日に開催する「鹿沼さつきマラソン大会」で、地元企業のイケヤフォーミュラが製造する電動バイク=写真、鹿沼市提供=を先導車に初めて導入する。佐藤信市長は「環境にもランナーにも優しい。美しい鹿沼の景色を、存分に楽しんでもらえるのでは」とアピールする。

 「全国ランニング大会百選」にも選ばれる人気の大会で、今年も計一万一千三十人が出場する。電動バイクは三キロと五キロの部で先導する予定で、市の担当者は「一回の充電で四十五キロの走行が可能なためフルマラソンでも使える。多くの大会で採用してもらえれば」と期待している。

 三十八回目の今回は市制七十周年の記念大会として、ゴール近くに記念撮影スポットを設けるほか、子どもの参加者の腕や顔などに貼ってもらう「いちご市シール」も用意する。 (小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報