東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

地域の課題解決へ市民団体など支援 矢板市がセンター開設

「TAKIBI」の看板を掲げる高橋さん(左)と斎藤市長=矢板市役所で

写真

 矢板市は、住民が主体となって地域の課題解決を図る活動を支える「矢板ふるさと支援センター」(愛称・TAKIBI)を同市役所内に開いた。

 センターは県の補助を受けて開設。空き家や耕作放棄地対策、高齢者支援といった活動に取り組む自治会や市民団体などに、助言や技術的な支援を行う。「人が集まる、(活動に)灯をともす」との思いから愛称を「TAKIBI」にしたという。

 センター長に市の地域おこし協力隊員の高橋潔さん(39)が就任。市はセンターのスタッフも務める新たな地域おこし協力隊員三人を、近く募集する。

 高橋さんは「地域の若者を巻き込んでいきたい。不足する宿泊施設対策として、空き店舗を使ったゲストハウスの開設にも取り組みたい」と話した。斎藤淳一郎市長は「センターの取り組みが、Uターンや市外の人たちを呼び込むことにつながれば」と期待した。 (小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報