東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

全国から1万人 健脚競う 鹿沼さつきマラソン

3キロコースのスタートを切るランナーたち=鹿沼市で

写真

 鹿沼市恒例の「第38回鹿沼さつきマラソン大会」(市など主催)が13日開催され、全国から1万36人が出場した。「まちの駅新・鹿沼宿」をスタート地点に2キロ、3キロ、5キロ、10キロ、ハーフの多彩なコースで、ランナーたちは沿道の応援を受けて健脚を競った。

 「いちご市・鹿沼」らしく、ハーフのコースでは中盤にイチゴも振る舞われ、完走を後押し。市制70周年記念として「いちご市シール」も配られ、ランナーたちは思い思いに顔や腕に貼って楽しんでいた。曇り空で小雨も交じる天候だったが、9632人が完走した。 (小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報