東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

関東自と東野交通が合併 10月「路線維持、地域に貢献」

 みちのりホールディングス(HD、東京)の傘下にある県内バス最大手、関東自動車(宇都宮市)と二位の東野(とうや)交通(同市)は二十五日、十月一日に合併すると発表した。

 存続会社は関東自で、新会社の社名も「関東自動車」。社長には、両社で社長を務めている手塚基文氏が就く予定。

 県南と県央を主な営業地域とする関東自と、県央、県北を主とする東野の合併により、県全体を網羅できる。公共交通としてネットワークを維持する一方、営業部門や管理部門を統合し、経営基盤の強化を図る。

 両社の吉田元(げん)・取締役専務執行役員が、関東自の本社で記者会見し「県全域をカバーできる会社になる。路線の維持、発展につとめ、地域の発展に貢献したい」と抱負を述べた。

 新会社は従業員千百十人、保有するバスは五百九十二台。吉田氏によると、関東や東北の交通、観光事業会社を傘下にする同HDの中で、最大規模という。新会社の株式はみちのりHDが100%保有する。 (北浜修)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報