東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

宇都宮もヒートアイランド 郊外と気温差、最大4度

測定機器を手に、宇都宮市のヒートアイランド現象について話す宇大の滝本家康助教=宇都宮市で

写真

 首都圏の都心部で問題となっているヒートアイランド現象が、宇都宮市周辺でも発生していることが、宇都宮大教育学部の滝本家康助教(38)=気候学=の研究で確認された。市中心部と郊外で最大四度の気温差が見られ、JR東北新幹線をはさみ市の西側が高く、東側が低い非対称型の現象が起きていた。高層ビル建設が各地で進む中、滝本助教は「今後の街づくりに影響を考慮する必要性がある」と強調している。 (北浜修)

 測定期間は今月二十四日から二十七日までの四日間。時間帯は毎回、午後十一時から午前零時までに実施。滝本助教自ら自動車を運転し、車内に持ち込んだ測定器で測定しながら、市街地を中心に東西南北半径約五キロの範囲内で、市内の道路を回った。

 結果は、平均気温約一八度を基準として、プラス、マイナスそれぞれ二度、計四度の気温差を測定。最大四度のヒートアイランド現象が見られたことになるという。

 滝本助教は「気温差は一度未満のケースが多い。最大四度の差が得られたということからも、宇都宮市は『ヒートアイランド現象都市』であることが裏付けられた」と分析する。

写真

 宇都宮市は平野部に位置して人口約五十二万人を擁し、市街地周辺を田畑が囲み、地形や人口規模などから同現象が起こりやすいと見ている。

 一般的なヒートアイランド現象は、気温は中心市街地で高く、郊外へ行くに連れて低くなる「同心円型」が多い。これに対して、宇都宮市は西側で高く、東側で低い「非対称型」だった。

 滝本助教は「市の西側で気温が高いと分かった以上、これからも無尽蔵に西側を開発すればよいということにはならないのではないか。宇都宮市がどの方向へ広がっていくのがよいのか、町全体を見ながら開発を進めてほしい」と強調した。

<ヒートアイランド現象> コンクリートやアスファルトで地表が埋められることなどで都市の気温が郊外よりも高くなる現象。高温域を中心に島のように気温分布が広がる。高層ビル群によって風通しが悪くなり、地表に熱がこもりやすくなることが現象を深刻化させていると分析されている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報