東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

福田知事、訪ロに意欲 カルーガ州知事来県 経済など交流希望

ロシア・カルーガ州のアルタモノフ知事(左)と握手する福田知事=宇都宮市で

写真

 福田富一知事は七日、県との交流を検討するために来県したロシア・カルーガ州のアルタモノフ知事と、県公館(宇都宮市)で懇談した。同州訪問の要請を受け「なるべく早く訪問したい」と応じた。懇談後、時期について「年内か年度内」との見通しを示した。

 アルタモノフ知事は、日ロ首脳が近年、関係の強化に向けて会談を重ねていることに触れ「両国のリーダーだけではなく、地域間交流も大事だ。(同州と県は)首都に近い共通点があり、経済や教育、文化、観光分野などで協力したい」と、県との交流を希望した。福田知事は「交流を深められるよう検討したい」と前向きな姿勢を見せた。

 同州はモスクワの南西約百八十キロにあり、人口約百万人、面積は県の約四・七倍。自動車産業などが盛んで、三菱自動車が生産拠点を置く。昨年末に同州から外務省などを通じて、県との交流を望む意向が伝えられていた。 (北浜修)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報