東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

「花の日礼拝」の花束どうぞ 矢板市長に園児 成長の喜びと感謝

花束を持つ斎藤市長と記念写真を撮る園児たち=矢板市役所で

写真

 矢板市本町の矢板認定こども園の年長組(あお組)の園児7人が、園の「花の日礼拝」で飾ったアジサイやアヤメで作った花束を、市役所の斎藤淳一郎市長に届けた。

 園ではキリスト教の行事「花の日」に合わせて6月の第2火曜日に礼拝を行っており、保護者らが花を持ち寄っている。子どもの成長に感謝して多くの人と喜びを分かち合おうと、園児らが市や警察、消防施設などに花束を贈っている。

 14日に市長室を訪れた園児たちは市長のイスに座らせてもらうなどして斎藤市長と交流。お返しに市のキャラクターともなりくんのシールをプレゼントされると笑顔で喜んでいた。 (小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報