東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

栃木GB、矢板での熱戦誓う 8月に公式戦 市民は入場無料

熱戦を約束して斎藤淳一郎市長(右)と握手する江部社長=矢板市役所で

写真

 矢板市制60周年を記念して、プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス公式戦が、8月18日に矢板運動公園野球場で開催される。「矢板市民デー」として開催され、同市民は無料で観戦できる。

 対戦相手は福島ホープスで、公式戦は県北地域では初めて。小学生を対象とした野球教室も開かれる。記者会見したチームの江部達也社長は「福島は熱いチーム。熱戦をお見せしたい」と観戦を呼び掛けた。

 1200人収容で市民枠は800人を予定。市民の観戦は7月2日〜8月10日に市生涯学習課スポーツ推進班に申し込む。市民以外は有料。問い合わせは、同班=電0287(43)6218=へ。 (小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報