東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

ウチョウラン 優雅に舞う 25日まで 高根沢「元気あっぷむら」

会場に並ぶかれんなウチョウラン=高根沢町で

写真

 高根沢町の温泉複合施設「元気あっぷむら」で21日、ウチョウラン展が始まった。北関東ウチョウラン協会の会員10人が丹精込めて育てた約150点を持ち寄った。25日まで。

 ウチョウランは、花びらがチョウが飛んでいる様子に似ていることから名付けられた。県内では、日光や塩原地区の渓谷で自生する姿も見られるという。

 会場では、会員たちが種から育てた白い「白花」や赤みがかった「朱花」など、かれんな花が並んでいる。

 販売のコーナーもある。協会事務局長の佐藤康夫さん(62)によると、雨の当たらない風通しの良い場所に置けば、1カ月から2カ月ほど楽しめるという。 (原田拓哉)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報