東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

初めての子育て応援 カード2000枚を配布

栃木市が7月から配布する「子育て初めてカード」。裏面(左)のQRコードを読み取ると、市ホームページの子育て関連情報にアクセスできる=同市で

写真

 栃木市は、7月1日から出産や転入によって市内で初めて子育てする保護者に「子育て初めてカード」を配布する。カードを持つことで子育て支援施設などの利用を促し、保護者同士が知り合う機会をつくり、子育てを巡る不安を解消してもらうのが狙い。 (吉岡潤)

 カードの裏面には、市内の子育て支援センター10カ所、児童館6カ所、おもちゃ図書館の名称が記されている。各施設でカードを提示すると、職員が施設の利用方法などを丁寧に教えてくれる。また、QRコードをスマートフォンで読み取れば、市ホームページ内の子育て関連情報を検索できる。

 カードは2000枚を用意。乳児の4カ月健診時と、転入者など希望者に市子育て支援課の窓口で渡す。カードを持って子育て支援センターなど各施設を初めて訪れると、市マスコットキャラクター「とち介」がデザインされたクリアファイルがもらえる。

 問い合わせは、市子育て支援課=電0282(21)2165=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報