東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

高根沢ジェラート 和風味の夏ギフト 「元気あっぷむら」できょうから限定販売

商品化された夏限定の「高根沢ジェラート」の詰め合わせ=高根沢町で

写真

 高根沢町の温泉複合施設「元気あっぷむら」を運営する町元気あっぷ公社は、地元の農産物にこだわった「高根沢ジェラート」の詰め合わせを商品化し、二十九日から元気あっぷむらで販売する。「和の味」を中心に六種類が入ったギフト用商品で、百個限定。

 元気あっぷむらでは二年前から、安定剤、乳化剤の代わりに高根沢産の米粉を使った「高根沢ジェラート」を販売。「キウイ」や「抹茶」など季節によって九〜十種類を店頭に並べている。レストランなどを手掛ける「伊沢いちご園」(下野市)が開発した。価格はシングル四百二十円、二つの味が楽しめるダブル四百五十円。

 ギフト向けの新商品は「夏限定・厳選和素材ジェラートBOX」で二千九百円(税込み)。元気あっぷむら内の豆腐店「雪花菜(きらず)」で扱うこだわりの豆腐とミルクジェラートを組み合わせたなめらかな「豆腐」、高根沢の名物にしようと町内で二年前から栽培されている金ゴマとミルクジェラートの「金ゴマ」など、地元産の食材をふんだんに使用している。町元気あっぷ公社は「高根沢の豊富な農産物と品質の高さをジェラートで味わって」とPRする。 (原田拓哉)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報