東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

鹿沼の新そばで夏をさわやかに 7、8日 4店参加しイベント

夏の「そば天国」をPRする鹿沼市職員=鹿沼市役所で

写真

 鹿沼市産の夏新そばのイベント「そば天国 初夏のそば」(鹿沼そば振興会など主催)が七、八の両日、同市茂呂の市花木センターで開催される。

 夏そばは四月中旬に種をまき、六月中下旬に収穫する。緑がかった鮮やかな色とさわやかな風味が特徴。振興会加盟のそば店四店が夏そばを使った「にらそば」と「もりそば」を販売する。そば粉などの物販のほか、流しそば(一回五百円)も行われる。

 「そば天国」は秋の恒例行事だが、市制七十周年記念事業として夏に初めて開かれる。 (小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報