東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

バイオマス産業都市、佐野で可能性を探る NPO主催勉強会に40人

バイオマスの現状や利点などについて話す嶋本浩治さん(中)と上岡裕さん(右)=佐野市で

写真

 再生可能エネルギーを生み出す資源の一つである木質バイオマスの現状を知り、バイオマスを活用した産業都市づくりを考える勉強会が6月末、佐野市で開かれた。講師を務めた日本有機資源協会(東京都)の嶋本浩治事務局長(47)が「木質バイオマスの活用は農林業の活性化や雇用創出、さらに山の整備につながり、災害対策にもなる」などと説き、約40人の参加者が聞き入った。 (吉岡潤)

 バイオマスは動植物に由来する有機物である資源を意味し、食品廃棄物や家畜の排せつ物、建築廃材、間伐材などがある。これらを発電や発熱などに利用する取り組みが国内各地で行われている。

 勉強会は、自然エネルギーの普及啓発、間伐の推進などに取り組む佐野市のNPO法人「エコロジーオンライン」(EOL)などが主催した。同市は森林面積が六割を占め、市内にはすでにバイオマス事業を手掛けている企業もある。EOLにはバイオマスに関する問い合わせも多いことから企画した。林業や建設業の関係者、市議、市職員らが参加した。

 嶋本さんはバイオマス事業を巡る国の施策や補助制度、各自治体による取り組み事例、木質バイオマス発電所の現況などを紹介。さらにEOLの上岡裕(ゆたか)理事長(58)らが加わり、パネルディスカッション、参加者と質疑応答が行われた。上岡さんは「地域の資源を地域の中で有効活用できるような官民のネットワークづくりができればいい」と語った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報