東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

故 船村徹さんと高原山の四季 塩谷町で写真展

船村徹さんや高原山の美しい光景を収めた写真が並ぶ会場=塩谷町で

写真

 塩谷町出身の作曲家で、昨年2月に84歳で他界した船村徹さんをとらえた写真と、同町などにまたがってそびえ、船村さんも愛した高原山(たかはらやま)の四季を収めた写真が同町上寺島の尚仁沢(しょうじんざわ)はーとらんどで展示されている。9月1日まで。 (吉岡潤)

 町民らでつくる「ふるさと高原山を愛する集い実行委員会」が主催。船村さんは実行委名誉顧問で、八月十一日の祝日「山の日」の制定を提唱した。写真展は高原山への思いと山の日の意義を共有し、高原山麓の保全活動を考える機会にしたいと企画された。

 船村さんの写真は同級生や知人らでつくる「船村徹ふるさと会」が提供した。小学生時代の姿をはじめ、昨年一月に東京都内で開かれた文化勲章受章の祝賀会や同町での集まりで人々と交流する様子など、約二百点が並ぶ。

 小学校時代の同級生でふるさと会会長の谷畑方夫(やはたまさお)さん(86)は「本人も喜んでいると思う。ふるさと思いで自然、山を愛した船村徹の功績を広く知ってもらいたい」と話した。

 高原山の美しい風景写真十九点は、町の写真サークル「あそぼ」の九人が撮影した。「山の日アンバサダー」の女優小林綾子さんが名水百選に選ばれている高原山中腹の尚仁沢湧水を訪れたときの写真七点も飾られている。午前十時〜午後四時。

◆うめしそジュース 来月4日に選手権

 ふるさと高原山を愛する集い実行委員会は「うめしそジュース選手権」を8月4日午後1時半から、塩谷町の上寺島活性化施設で開く。高原山麓の各家庭ではオリジナルのうめしそジュースを作って飲む習慣があり、選手権で味を競う。

 参加者を募っており、応募の条件は「高原山麓のシソ」と「尚仁沢湧水」を使い、「レシピを公開し、無償使用できる」こと。ジュース1リットルとレシピを持参してもらい、来場者全員で試飲して人気投票を行う。

 1番人気は、10月に開く「ふるさと高原山を愛する集い」の乾杯用とし、上位2人に同集いのバーベキューセットを贈る。事前申し込みは不要で、町外からも参加できる。

 問い合わせは実行委=電0287(45)1112(塩谷町企画調整課内)=へ。 (吉岡潤)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報