東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

「全身全霊でプレー」 ブレックスへ移籍 日本代表の比江島選手

栃木ブレックスへ移籍が決まり入団会見する比江島慎選手=宇都宮市で

写真

 バスケットボール男子Bリーグ一部のシーホース三河で昨季のレギュラーシーズン最優秀選手賞(MVP)に輝き、栃木ブレックスへの移籍が決まった日本代表の比江島慎選手(27)が二十日、宇都宮市で入団会見に臨み「栃木のために全身全霊でプレーしていきたい」と抱負を語った。

 屋外の会見場には炎天下、約四百人のファンが詰めかけ、大歓声を浴びた。栃木を選んだ理由を聞かれると「ワールドカップ(W杯)やオリンピックが目前にあるので、もっと成長したいという思いがあった。栃木で成長できるイメージができた」と説明した。

 このタイミングでの移籍については「代表に専念したかったので、終わってから全部やろうと思った」とW杯アジア一次予選を勝ち抜いたことを理由に挙げた。今後については「オリンピックが最大の目標」とし、海外への挑戦についても時期と移籍先を検討するとした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報