東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

複雑化する相続問題を分かりやすく説明 来月17日、宇都宮でセミナー

「人生100年の時代を見据えた計画を」と呼び掛ける岸広所長=宇都宮市で

写真

 少子高齢化社会が進む中、複雑化する相続の問題を分かりやすく説明する「相続税無料セミナー」が8月17日午前10時から宇都宮市若草の、とちぎ福祉プラザで開かれる。

 講師は岸会計事務所の岸広(ひろし)所長と行政書士の岸清美さん、同事務所顧問の鷹箸(たかのはし)一成さん。

 最近の世帯では、直接に遺産を相続する子どもがいないケースが増えており、健康でいるうちに、適切な財産処理の在り方をどう決めておくかが鍵となっている。

 市内で事務所を開く岸所長が、関係者同士が、いかに円満に遺産処理を行うかの秘訣(ひけつ)を解説。行政書士の岸さんがトラブルが起きない遺書の作成の仕方を説明する。

 岸所長は「人生100年の時代を迎え、70代から自分が納得できるエンディングに向けた計画を立てることが重要。大切な財産を守るためにも是非、聞きに来てほしい」と呼び掛けている。

 セミナーは正午までで、締め切りは8月14日。申し込み、問い合わせは、岸会計事務所=電028(652)3981=へ。  

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報