東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

縄文の根古谷台、暮らしぶり紹介 遺跡の国史跡30周年 宇都宮で展示

初公開の出土品などが並ぶ企画展。縄文人の衣装も試着できる=宇都宮市で

写真

 宇都宮市の縄文時代前期の拠点集落「根古谷台(ねごやだい)遺跡」の建物などを復元している史跡公園「うつのみや遺跡の広場」資料館で、遺跡が存続した六千年前の縄文人の暮らしを紹介する企画展が開かれている。遺跡が国の史跡に指定されてから三十周年を記念し、出土品などを展示している。九月三十日まで。

 根古谷台遺跡では、竪穴住居跡二十七軒、長方形大型建物跡十六棟、方形建物跡十一棟、土坑三百四十基などが確認された。土坑の多くは、墓坑とみられ、一部から耳飾りや管玉が出土し、指導者的立場だった人物の墓と推測されている。周辺には一〜二軒程度の小規模なムラが多数確認され、それらも含めた葬送儀礼を行うなど、拠点的なムラとみられている。

 今回の企画展では、出土した土器や石やり、ナイフに利用された石さじなどの石器を展示。これらは、いずれも発掘調査から初めての一般公開という。

 また、市内で根古谷台遺跡と同時期の古宿遺跡や、大規模な野沢遺跡の出土品なども紹介している。

 企画展では、縄文人が身に着けていた衣装の試着も体験できる。月曜休館(月曜が祝休日の場合は開館し、翌日休館)。(原田拓哉)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報