東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

<夏の甲子園>作新学院、大阪桐蔭と対戦 6日第2試合 序盤の注目カードに

対戦が決まり、健闘を誓う作新学院の磯一輝主将(左)と大阪桐蔭の中川卓也主将=大阪市で

写真

 大阪市内で二日にあった第100回全国高校野球選手権記念大会の組み合わせ抽選会で、作新学院は優勝候補の筆頭と目される大阪桐蔭(北大阪)との対戦が決まった。歴代優勝校同士が1回戦から激突することになり、大会序盤の注目のカードとなりそうだ。

 試合は大会2日目の第2試合で、六日午前十時半に開始予定。対戦が決まった作新学院の磯一輝主将と大阪桐蔭の中川卓也主将は、握手をして健闘を誓った。

 大阪桐蔭は2年連続10度目の出場。北大阪大会の決勝を23−2の記録的スコアで制し、話題になった。過去にどの学校も成し遂げていない2度目の春夏連覇に挑む。

 8年連続14度目の出場となる作新学院は、2年ぶりの全国制覇を目指す。前回は初戦で敗退しただけに、雪辱を果たすには大阪桐蔭はこの上ない相手だ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報