東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

愛好家ら180人「聖地」で釣果競う 奥日光・湯ノ湖釣りフェスタ

入賞を喜ぶ参加者ら=日光市で

写真

 奥日光の湯ノ湖で「サマー・トラウトフィッシングフェスタ」(東京新聞、奥日光湯元温泉旅館協同組合後援)が四日開かれた。県内外から訪れた家族連れやフライやルアー釣りの愛好家約百八十人が釣果を競い、ニジマスの部で、宇都宮市の羽石真さんが優勝(全長六四・八センチ)した。

 日光市・湯ノ湖周縁の河川は明治時代、長崎の「グラバー邸」で知られる英国商人トーマス・グラバーが外来のマスを放流。英国式の毛針釣りを日本で初めて始めたことから「日本のフライフィッシングの聖地」と呼ばれている。釣り大会は、こうした歴史を広く知ってもらい、魚類資源の生息状況を調査することを目的に、全国内水面漁協連合会が主催している。

 この日は、午前七時にスタート。強い日差しの中、ボートや岸からルアーやフライを投げ込み釣りを楽しみ、大物の引きに歓声があがっていた。

 湯ノ湖・湯川の遊漁期間は九月三十日まで。同月二十二日には「ファイナル・トラウトフィッシングフェスタ」が開かれる。 (蒲敏哉)

ニジマスの部で優勝した羽石真さん(いずれも全国内水面漁協連合会日光支所提供)

写真

 入賞者は次の皆さん。

 【ニジマス】優勝・羽石真さん(宇都宮市)準優勝・八木厚子さん(茨城県ひたちなか市)3位・平山太市さん(水戸市)4位・上村理さん(東京都日野市)5位・恩田恵佑さん(足利市)【カワマス】優勝・関口諒さん(宇都宮市)準優勝・八木沢健さん(日光市)3位・福田隆二さん(鹿沼市)4位・藤森空さん(同)5位・岩瀬陽香さん(埼玉県久喜市)【ヒメマス】優勝・青柳昌彦さん(群馬県沼田市)準優勝・岩瀬由樹さん(埼玉県久喜市)3位・岩瀬悦夫さん(同)4位・伏谷慎吾さん(茨城県笠間市)5位・藤森凌さん(鹿沼市)【特別賞・ホンマス】特別賞・渡邉永航さん(那須塩原市)【キッズ部門】優勝・上村航太郎さん(東京都日野市)準優勝・野沢るいさん(下野市)3位・田村薫平さん(宇都宮市)4位・額賀悠作さん(茨城県鉾田市)5位・田村健悟さん(埼玉県朝霞市)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報