東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

<全日本学童野球>安塚クラブ8強ならず 神宮でプレー「いい経験」

中盤に同点に追いつく粘りをみせた安塚クラブナイン。ベスト16で大会を終えた=神宮球場で

写真

 高円宮賜杯第38回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(東京新聞など主催)の県代表・安塚クラブ(壬生町)は二十二日、東京都新宿区の神宮球場で3回戦に臨み、志度源内(しどげんない)(香川)に2−3のサヨナラで敗れ、ベスト16で大会を終えた。

 安塚は0−2と先行されて迎えた四回、石川來夢選手(六年)の左前適時打と、瓦井瑠夏選手(同)の犠飛で同点に追いついた。だが、低めにボールを集める相手投手に連打が出ず、最終七回の1死二、三塁で、守備の隙を突かれてサヨナラのホームを許し、力尽きた。

 荒川真一監督は「何とかリードを許しながらも食らいついて行きました。ここまで頑張ってくれた選手たちを褒めたい」と力を出し切った選手たちをねぎらった。

 緩急を織り交ぜた粘りのピッチングを見せた佐々木遼主将(同)は「目標だった神宮球場で野球をすることができ、いい経験でした」と胸を張った。 (石井智昭)

 ▽3回戦

安塚クラブ

0002000|2

1010001x|3

志度源内

(安)佐々木、瓦井−荒川

(志)市ノ瀬−伊勢田

本塁打 市ノ瀬(志)▽二塁打 市ノ瀬、美馬(志)伊藤、大島(安)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報