東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

大田原市と作新学院大 地域振興など連携協定

協定書に調印した津久井市長(左)と渡辺学長=大田原市役所で

写真

 大田原市と作新学院大、同大女子短期大学部(いずれも宇都宮市)は、まちづくりの推進や地域振興などで連携・協力する協定を締結した。大田原市役所での締結式で、津久井富雄市長は「山積する市の課題に対してスピーディーに成果を出すため大学の力を借りたい」などと期待感を示した。

 まちづくりの推進、産業・福祉・教育の振興、スポーツの振興などで連携する。具体的には、保育実習などで市が学生を受け入れたり、市内のスポーツイベントなどで学生に協力してもらったりするという。

 渡辺弘学長は「学生は実践的な学びの場を得ることができる。市の特色に応じた協力ができれば」と協定の意義を話した。 (小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報