東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

<小森信道の東奔西走 自転車レース取材記>トラックフェス 発展望める「箱」レース

決勝レースを戦うブリッツェンとマトリックスパワータグの選手たち。今後、正式開催されれば、ロードレースチームの新たな収入源になる可能性を秘めているイベントだ=8月24日、宇都宮競輪場で

写真

 自転車競技の発展と振興を目的に創設が予定されている、国内の国際自転車競技連合(UCI)登録コンチネンタルチームによるトラックレース対抗戦。そのプレイベントとして、「トラックフェスティバル’18」が八月二十四日、宇都宮市の宇都宮競輪場で開催された。

 イベントには、宇都宮ブリッツェンをはじめ、国内のUCIコンチネンタルチーム六チームが参戦。普段レースを行う一般公道から競輪場へと戦いの場を変えて熱戦を繰り広げた。

 レースはまず、東部リーグと西部リーグに三チームずつ分かれ、総当たりの予選が行われた。東部リーグに入ったブリッツェンは、初戦でチームブリヂストンサイクリング、二戦目で那須ブラーゼンを下し、二連勝を飾って1位で予選を突破。同じく西部リーグを二連勝で勝ち上がったマトリックスパワータグとの決勝レースに臨んだ。

 決勝でブリッツェンはタイミング良く抜け出した小野寺玲選手がポイントを連続で獲得すると、その後は岡篤志選手が単独で抜け出しポイントを加算。安定した強さを見せ、見事に優勝を飾った。

 今回の開催はあくまで実験的なもので、今後は未定の状態だが、平日の夜にもかかわらず多くの観戦客が訪れ、選手たちの走りに熱い視線と声援を送る姿を見て、新たなイベントとして大きな発展が見込めるのではないかと感じた。

 また、運営費の大部分をスポンサー収入に依存するロードレースチームにとって、競輪場という「箱」でのレース開催は、新たな収入源の確保という面で大きな可能性を秘めているとも感じた。

 今後、早い段階での正式開催を期待したい。

<レース概要> 新種目「ファイブポイントゲーム」で開催。1チーム5人の2チームが対戦する形式で争う。各周を先頭で通過した選手のチームに1ポイントが加算されていき、5ポイント先取したチームの勝利となる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報