東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

「歩いて生活改善を」 真岡市が事業 1日10分、1000歩以上

達成者に贈られる達成証やグッズ

写真

 真岡市は九月から、生活に運動を取り入れてもらおうと「ちゃれんじ60歩こうか真岡プラスワン」を始めた。参加する市民には、十二月末までの期間中にウオーキングや生活習慣の改善に取り組んでもらう。

 対象は、十八歳以上の市民。ウオーキングは期間中に六十日以上で、一日に十分、千歩以上歩く。生活改善として「野菜を増やす」「間食を控える」「減塩する」などの項目から一つを選んで実践する。

 参加には申し込みが必要で、申込書は市のホームページから入手できる。配布される専用の記録票に毎日の取り組みを記入する。目標を達成して記録票を市健康増進課に提出すれば、達成証とタオルや手袋といったオリジナルグッズなどがもらえる。

 二〇一四年度から実施しているが、本年度は「プラスワン」として生活改善の目標を加えた。一七年度は五百三十四人が参加したという。 (小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報