東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
世界遺産・ポンペイ展開催中

トップ > 特報

ここから本文

【特報】

 2020年東京五輪でセーリング競技会場となる神奈川・湘南で、大会の需要を見込んだ高層ホテル建設を含む再開発構想が持ち上がり、地元が揺れている。構想発覚から間もなく1年たつが、行政や民間事業者から進捗(しんちょく)状況が示されない。東京都内では、五輪を「錦の御旗(みはた)」に掲げた乱開発が指摘され始めている。だが、五輪憲章はレガシー(遺産)を開催地に残すことを謳(うた)っており、住民たちが負の遺産にさせないために立ち上がっている。(沢田千秋)(6月26日 紙面から)

 

PR情報