東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報

ここから本文

【特報】

 水俣病を取材する映画監督で大阪芸大客員教授の原一男さん(71)が四月、福岡市で催された講演で、水俣病患者について「人間の形をしていても中身は人間じゃない」と発言。その後、謝罪した。原さんの発言と謝罪は、差別を再考する機会を与えている。障害者を人間と見なさないかのような発言は後を絶たず、「水銀がうつる」と言われて傷つく子どもたちがいる。この現実をどう変えていくのか、私たち一人一人が問われている。 (安藤恭子)(5月22日 紙面から)

 

PR情報