東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

放射能汚染ごみ「一斉焼却方針」で紛糾 宮城県

 福島原発事故で放射能に汚染された牧草や稲わらなどの廃棄物をめぐり、宮城県が昨年、市町村に示した一斉焼却の方針に住民たちが反発している。焼却の対象は、県内七百カ所以上で野積みされている放射性セシウムの濃度が一キロ当たり八〇〇〇ベクレル以下の廃棄物。県の方針に慎重な自治体もあり、現在まで結論が出ていない。元凶は国が住民との相談もなく、一方的に決めた「八〇〇〇ベクレル」の線引きにありそうだ。 (安藤恭子)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by