東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

外国人実習生 過酷な労働実態 国際貢献のためなら「人権侵害歯止めを」

 休日なしで朝から夜遅くまで働かされ、残業代の時給はたった五百五十円−。外国人技能実習生として零細縫製業者に雇われていたベトナム人女性六人の勤務実態だ。仲間が体調を崩し、外部に助けを求めたところ解雇され、四カ月たっても再実習先が決まらない。昨年、こうした実習生に対する不当行為をやめさせるための法律ができた。十一月に施行されるが、実習生の人権保護につなげるには、構造的な問題を改める必要があるという声が上がる。 (池田悌一)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by