東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

沖縄のハンセン病史 「差別」重なる基地政策

 かつてハンセン病患者は隔離政策の下、療養所に押し込められた。大半の療養所では患者の結婚、出産が禁じられたが、沖縄に療養所でハンセン病患者の両親の元に生まれた男性がいる。土木技術者の奥間政則さん(51)だ。奥間さんは父親の最晩年に、自らの出生の事実を知った。奥間さんは現在、基地反対運動に参加している。弱者を弾圧する国の施策が、ハンセン病の差別政策に重なって映るからだという。 (沢田千秋)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by