東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

沖縄戦と似通う震災PTSD 相馬の精神科医が警鐘

 沖縄戦の心的外傷後ストレス障害(PTSD)の調査で知られる精神科医の蟻塚(ありつか)亮二氏が今、福島県相馬市で東日本大震災によるPTSDと向き合っている。戦争や災害などが人の心を知らぬ間に傷つけ、長年、苦しめるPTSD。痛みの原因を直視して初めて、傷は癒えていくという。心を置き去りに「復興」を急ぐ国の姿勢に、蟻塚氏は「本質に向き合わなければ、また同じ過ちを繰り返す」と警鐘を鳴らしている。 (沢田千秋)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by