東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

「カネと集客」による文化破壊

 おカネと集客数が基準で、教養をないがしろにして目先の刺激に執着する感性。そうした「特性」を備えた人たちが文化行政に口出しするようになると、文化はすたれていく。山本幸三地方創生相の「学芸員はがん」発言は記憶に新しいが、生活圏に近い図書館でも物議を醸す「ツタヤ図書館」や京都市での寄贈本廃棄事件など、その基盤が揺れている。文化インフラが崩れつつある。 (安藤恭子、沢田千秋)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by