東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

安倍官邸の霞が関支配に揺らぎ? 加計、森友学園問題にみる政治力学

 加計(かけ)、森友の二つの学園問題では、安倍晋三首相の妻昭恵氏やお友だちの名前が飛び交うが、水面下で動き回っていたのは中央省庁である。加計学園の新学部設置計画では、「総理のご意向」を受けた内閣府と渋る文部科学省がさや当てを演じた。一方、森友学園への国有地格安売却では、財務省などの「忖度(そんたく)」が批判を浴びている。「一強」を謳歌(おうか)する安倍官邸の霞が関支配に変化はあるのか、はたまた今回の問題が変化を促すのか。その政治力学を読み解いた。(木村留美、三沢典丈)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報