東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

来年4月に種子法廃止の波紋 生産者と消費者連携「日本の種子を守る会」設立へ

 宮城県の「ひとめぼれ」、秋田県の「あきたこまち」など、日本各地で優秀な稲や麦、大豆の品種を生む原動力となってきた主要農作物種子法(種子法)が、先の国会で自公維などの賛成多数で廃止された。民間企業の種子事業への参入を促す狙いだが、稲などの種子が多国籍企業に独占される懸念が叫ばれている。来年四月の廃止を前に、日本独自の種子を守ろうと、各地の生産者と消費者が手を結んで立ち上がった。(三沢典丈)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報