東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

再生エネ普及どう描く 固定価格買い取り制度5年

 再生可能エネルギーによる電力を、電力会社が買い取る「固定価格買い取り制度(FIT)」が始まって七月で五年。再生エネの利用が増える一方、消費者が負担する「賦課金」が増えた。制度が始まった二〇一二年度、賦課金は総額千三百億円だったが、一七年度は二兆一千四百億円に増える見込みだ。経済産業省は買い取り価格の引き下げなどを模索する。だが、その結果、制度が骨抜きになり、再生エネの普及を頓挫させては元も子もないだろう。 (池田悌一、安藤恭子)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by