東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

性暴力被害への偏見なくせ

 性暴力被害を実名で告白した先駆者がいる。ミュージシャンの早川恵子さん(37)。「被害者にも落ち度がある」「抵抗すれば防げたはず」といった誤解を解こうと、歌を通じて被害の現実を伝えてきた。だが、ネット上では自身にも問題があるかのようなバッシングも受けた。性犯罪を厳罰化する改正刑法が先月施行されたが、これだけでは不十分だ。性暴力被害者に対する社会の偏見を払拭(ふっしょく)することが求められている。 (池田悌一)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by