東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

結論ありきの朝鮮学校外し 「無償化訴訟」割れる司法判断

 朝鮮学校を高校授業料無償化制度の対象から除外した国の措置の適法性が争われた裁判で、今月十三日の東京地裁判決は「適法」と判断した。朝鮮学校の卒業生らが全国五カ所で起こした同種訴訟は、東京、広島地裁で国勝訴、大阪地裁で原告勝訴の判決が言い渡され、司法判断は割れる。国側は、朝鮮学校と在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の「密接な関係」を言い募るが、第二次安倍政権は発足早々、高校無償化法の施行規則の根拠規定を削除している。まさに「結論ありき」。司法も「結論ありき」で追認していいのか。(佐藤大)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by